最新のホットな情報 Latest hot information!

気になる最新の情報をお届けします

*

ドローンの仕事がしたい人に必見の転職サイト

reason_1 このページでは、ドローンに興味があり、尚且つドローンを操縦する仕事がしたいと思っている方に、必見の転職サイトを紹介します。

ドローンを使った仕事は、まだ始まったばかりですので、ここに目をつけたあなたは先見の目があるというものです。

そんなあなたのにおすすめの転職サイトは、ドローン職種に特化した会員制転職サイトですので、あらゆる業種の仕事があります。

たとえば、テレビのロケ番組に、ドローン専門スタッフが同行しているのを観たことはありませんか?

あるいは、イベント会場でもドローンを見かけることがありますよね!

このようにあらゆるところで見かけるドローンですが、これってある意味専門職ですので、営業ノルマがあるわけでもなく、何かを製作するでもないので、割と気楽な職業ともいえます。

しかも、これから需要が拡大するのは間違い無いですので、まだ数少ないドローン操縦者の一人として活躍してみてください。

そこで、その転職サイトを紹介します。

コチラです=>スカイエージェント

スカイエージェントは、国内初のドローンビジネス業種専門の会員制転職サイトです。

雇用形態としては、人材派遣、人材紹介、紹介予定派遣ですので、色々な会社に派遣されるドローンのプロということです。

しかも、スカイエージェントドローンスクールを設けていますので、ドローン初心者の方でも安心して会員になれます

ドローンの免許制度

ドローン本体は、中国のDJIが世界の7割りを占めてまして、日本の企業はかなり遅れをとっています。

ただ日本がリードしている分野があります。

それは、「ドローンパイロットの養成」に関するものでして、日本は世界でも有数のドローンパイロット育成国なのです。

その中心が、ドローンの業界団体である日本UAS産業振興協議会(JUIDA)でして、そのスクールは北海道から沖縄県まで全国105カ所にあり、そのスクールを受講してJUIDA無人航空機操縦士の証明書を交付された人は2017年末で3439人になります。

そう、まだたったの3439人ですので、まだまだ少なく需要のほうが上回っている状態です。

しかも、JUIDAを中心に、日本としてパイロットの育成手法についての国際規格化をISOに昨年、提案しまして、3年後に国際規格を取得する準備をしてます。

これが来おまれば、日本人のドローンパイロットが世界で活躍することに繋がるわけで、やはり早めにドローンの業界で働いていることが大事になってきます。

まとめ

まず、スカイエージェントの会員になり、そこでドロー講習を受け、気に入った職場に就き、時機を見てJUIDAのJUIDA無人航空機操縦士の証明書を取得する。

この証明書を取得するには、スクールに通わなければなりませんが、日数は少ないんですが金額が30万前後するので、少し余裕が出来てからのほうが良いですね!

そして、いずれは世界での仕事が待っていますが、ただ英会話の勉強はしておいてくださいね。

ということで、私が若かったら間違いなくこの職に就いています。

ただ、いまではもう何処も社員や派遣で雇ってもらえる年では無いので諦めていますが。

だからと言ってはなんですが、年の功というんでしょうか、見えるものもあるんです。

日本は、ついに成長経済が終わり、内需拡大政策に転換しました。

物作りは、人件費の安い国に日本の技術を伝授して作ってもらい、輸出による外貨取得は工作機械などが主になっていますが、全体としてGDPの3割ほどに落ちています。

もう、アメリカがくしゃみをしても、日本は肺炎にかかることはなく、むしろアメリカの国債を多く所持しているので、日本が債権国でアメリカが債務国という立場になっています。

現実には、紙くずのようなインチキドル国債を、日本はアメリカに買わされているんですけどね!

しかも、アメリカの圧力とロビー活動により、日本はグローバルな経済へと転換しましたので、もはや一国だけが大きくなることは無くなり、この国のあらゆる知識や技術が後進国や発展途上国に流動し、あらゆる国から労働者が日本に押し寄せて来ています。

あなたも成田空港で、「・・・組合」と書かれたポスターを掲げて、外国人を招いている光景を見たことがあるかと思います。

あれが、外国人受け入れ機関でして、本質的には組合を名乗っての人請出しを行っているところです。

その昔は、暴力団が仕切っていた人請出しでして、悪い言い方をすれば人身売買です。

だから法で禁止されましたが、又、形を変えて始まりましたね!

そんなアウトローな仕事ですので、かなりの利益があり、いまでは多くの「・・・組合」が存在します。

これらのことを踏まえて、これから国内における仕事環境は、まず中小企業が今の半分くらいになるでしょうし、中小の銀行ですら合弁していかないとやっていけない状態になります。

そんな現状ですので、これから先を見据えたならば、やはり世界で働けるスキルを身につけるのが一番、安心安全なのです。

そこでドローンパイロットは、最有力な職種であることは解りましたし、挑戦してみる価値があるというものです。

ドローンでの仕事に興味を持ったあなたの強い見方となるサイトがコチラになります。
↓ ↓ ↓
スカイエージェント

 - 転職