最新のホットな情報 Latest hot information!

気になる最新の情報をお届けします

*

手のひらがカードになると何処にも触れなくなる?

手のひらで“カード決済”が、いよいよ現実味を帯びてきました。

2015年10月に、JCBと富士通、富士通フロンテックが協同で、世界初のグローバル決済スキームの実証実験を、国外で開催するパートナー企業向けカンファレンスの場で開始することが、発表されました。

そこで、少し心配なのは、手のひらで“カード決済”と言う事は、手のひらがカードになったということと同じなわけですね。

と言う事は、様々な場所に情報読み取り装置を仕掛けておけば、他人の情報を読み取ることが出来るのではないか?

そうなると、もうどこにも触れなくなるような気がしますが、どうなんでしょう?

と、貴方も、ちょっと心配になりませんか?

そこで今回は、手のひら“カード決済”のシステムを通して、その安全性について見て行きたいと思います。

手のひら“カード決済”の内容

si
まず、手のひらで何を読み取るのかと言いますと、実は、手の平に流れる静脈を読み取っています。

この技術は、富士通と富士通フロンテックの「手のひら静脈認証装置」を利用します。

そして、カード決済会社のJCBがこのシステムと連動させた、新しい決済方法を打ち出したと言うものです。

それでは、その機能を図で紹介しましょう。
l_sa
---------------------------------

利用者が、富士通の静脈センサーに、指、又は手をかざします。

↓ ↓ ↓

静脈センサーより読みとったデータを、手のひら静脈認証サーバへ送る。

↓ ↓ ↓

手のひら静脈認証サーバにある、利用者のカード情報を決済端末へ送る。

↓ ↓ ↓

JCBグローバル決済ネットワークを通す。

↓ ↓ ↓

各国の、金融機関やカード会社に決済内容を送る。

---------------------------------

以上の流れになりますが、

やはり心配なのが情報の漏えいですよね。

 

そこで、もっとも心配なところは、静脈の情報を読み取る所にあるPCです。

なぜなら、利用者のカード情報は、静脈認証サーバより、

いったんPCにカード情報が入ります。

 

このPCと静脈認証サーバとは、

たぶんSSL-VPN等で繋いでるでしょうから安心ですが、

PCに入ったデータは、そのままPCにキャッシュとして、

残ってやしないかという心配があります。

 

そして、この事に関して富士通では、この様に発表しています。

「生体認証機能は、漏えいさせない、残さない、利用者制限と使用管理を実現」

 

なんでここまで徹底した対策をとるかといいますと、

先のマイナンバー制と絡めた機能になるからです。

 

いわゆる、手のひら”マイナンバー”と言う事です。

 

結局、個人情報は何処にも残さないというしくみを、

作り上げたと言う事です。

 

これで、心配の一つが消えましたね。

 

もう何処にも触れないのか?

[ad#cp2-1]
 

そしていよいよ、表題にもある、自分の情報が漏れるのが怖くて、

何処にも触れなくなるのでは?と言う大問題があります。

 

ではこの事に関して、結論を言いますと、

何処にも安心して触ってください。

 

 

なぜならば、静脈センサーのような物を、階段の手すりに仕掛けたとします。

 

そして、そこから、貴方の生態情報を取り出す訳ですが、

この情報とひも付けすることのできるサーバに、

たとえハッカーでも入る事が出来ないのです。

 

たとえば、貴方の指紋を取って、警察庁のサーバに入り、

指紋の照合をして、貴方の車での違反歴を調べるのと同じ事です。

 

どうですか、こんな犯罪聞いたことが無いですよね!

 

ですから、安心してください。

何処にでも触れます。

 

ただ、法に触れる所には触らないようにしてください!!!

 
[ad#cp2-1]
 
[ad#cp2-1]

 - お役立ち情報