最新のホットな情報 Latest hot information!

気になる最新の情報をお届けします

*

シャーロット・ケイト・フォックス「Mステ」でゴンドラの唄!海外の反応

[ad#cp2-1]
シャーロット・ケイト・フォックスさんが、5月1日放送のミュージックステーションに、出演し、ゴンドラの唄を披露します。又、シャーロット・ケイト・フォックスさんは、NHKの朝ドラでヒロインをされてましたが、そのことについて、海外での反応はどうだったか、気になりますね!そんな事を踏まえてここに記したいと思います。

シャーロット・ケイト・フォックスさんがミュージックステーションに!

シャーロット・ケイト・フォックス
シャーロット・ケイト・フォックスさんが「ゴンドラの唄」で歌手デビューされました。この「ゴンドラの唄」は大正4年に制作されたものでして、当時は劇中歌として歌われていました。

その後多くの歌手によって歌い継がれた名曲ですが、作詞は吉井勇さんという有名な歌人ということで、その内容が素晴らしいですよね!

ここに載せますので、じっくりと味わってください。

ゴンドラの唄 吉井勇

いのち短し 恋せよ乙女
あかき唇 あせぬ間に
熱き血潮の 冷えぬ間に
明日の月日は ないものを

いのち短し 恋せよ乙女
いざ手をとりて かの舟に
いざ燃ゆる頬を 君が頬に
ここには誰れも 来ぬものを

いのち短し 恋せよ乙女
波にただよう 舟のよに
君が柔わ手を 我が肩に
ここには人目も 無いものを

いのち短し 恋せよ乙女
黒髪の色 褪せぬ間に
心のほのお 消えぬ間に
今日はふたたび 来ぬものを

この日本独特の詩の文化を、異国の方が歌うのですから、不思議な感じがします。しかしシャーロット・ケイト・フォックスさんの唄を聞いていると、日本人として忘れてしまった何かを思い起こされるような感じになりますね!

動画もありますのでご覧ください。


シャーロット・ケイト・フォックスさんの海外の反応は!

シャーロット・ケイト・フォックスさん
リタの役を演じたシャーロット・ケイト・フォックスさんは、日本語ができないアメリカ人の女優さんが、日本語でスコットランド人を演じていると大きく取り上げられているそうです。

そうですね、来日された時は、全く日本語のできないままでしたね!そんな女優さんを良くNHKは採用したものだと感心しますが、これをきっかけに、民方各社でも外国籍の女優さんを起用することになるでしょう。

そしてシャーロット・ケイト・フォックスさんは、日本で一番知られている、外国の女優さんになりましたね!

これからの活躍を大いに期待したいと思います。

[ad#cp2-1]

 - イベント